【日記】天竜、阿多古屋に宿泊。山と茶プロジェクト参加。ジビエ、鹿肉おいしかった。

こんにちは、神崎です。

 

浜松の天竜に来ています。そして阿多古に宿泊しました。今住んでいる森町という地域からは隣にあたる地域で、車で40分くらいになります。

 


f:id:kamkamkamyu:20190711130933j:image

 

7/11朝の写真

f:id:kamkamkamyu:20190711074255j:image


f:id:kamkamkamyu:20190711074629j:image

 

窓を開けて外の風景を眺めていると聞こえるウグイスの声。ランニングをするおじさん。家の前を掃き掃除するおばさん。今日もいつものまま佇む守り神のような祠。

 

ログのようなつもりでとりあえず更新しておこうという腹積もりの神崎。

 

  1. 一棟貸しのゲストハウス阿多古屋
  2. 天竜、山と茶、プロジェクトに参加
  3. 鹿肉が美味しかった

 

ということを書きます。

 

阿多古屋

 

浜松の北の方、山深いところに構える、築160年の古民家を改築、リノベーションした建物。

 

5人で泊まれば7200円で宿泊できる、一棟貸しのゲストハウス。

 


f:id:kamkamkamyu:20190711085512j:image

 

道路に面していて、窓からはたまに車が通り過ぎていくのが見れる。


f:id:kamkamkamyu:20190711075001j:image

 

ソファーに座っているだけで落ち着いた気持ちになれる空間。


f:id:kamkamkamyu:20190711075018j:image

 

一階の入り口付近には金の屏風


f:id:kamkamkamyu:20190711075033j:image

 

 

天竜、山と茶プロジェクト

いま、浜松の天竜の方で観光客増加のための取り組みとして農や食、お茶をトータルプロデュースして、天竜の暮らしぶりとともに魅力を伝えていくようなプロジェクトが動いているということで、そのプロジェクトのお茶のことに関してすこしお手伝いさせていただけることになりました。 

 

お茶屋さんの紹介、お茶についての意見や提案、レセプションパーティーにおける呈茶パフォーマンスなどで関わることになります。


f:id:kamkamkamyu:20190711124740j:image

 

料理とのペアリングを考えたお茶の提案。

天竜に物語のある数々のお茶のなかから、ピックアップして、料理、お菓子との食べ合わせ飲み合わせについて。

 

試飲の様子。

煎茶、烏龍茶、紅茶。

標高のある、山あいで育つ天竜のお茶は、霧が出るような気候条件から、虫がつきにくく、無肥料無農薬でも美味しいお茶がつくりやすいということがあります。


f:id:kamkamkamyu:20190711125000j:image

 

紅茶は、後味に残る和紅茶独特のいい渋みがミルク系の特にチーズとか、それにトマトを合わせたようなグラタン的なものが合うんじゃないかとか。

 

烏龍茶は、その口中をさっぱりさせる香りや飲み口から、中華料理的な、特に白身魚を油で揚げて、チリソースをかけたような食べ物が合うんじゃないかとか。

 

意見を交わしました。

 

鹿肉おいしかった

 

天竜ジビエも盛んということでシカモ料理として扱うことになっており、試食も兼ねて、とりたて、さばきたての新鮮な鹿肉を食べました。

 

足つき。


f:id:kamkamkamyu:20190711123927j:image

 

 

「動物」だったものが、「お肉」になっていく様子。どこからどこまでがまだ「お肉」なのだろうか。感覚的な意味で。


f:id:kamkamkamyu:20190711123949j:image

 

充電がなくなってしまったので、写真は撮れてないのですが、鹿肉は脂肪分がすくなく、赤身の淡白な味わいでおいしかったです。

 

生の時は獣臭がしますが、焼くとそうでもないです。

 

以上、日記でした。

【田舎暮らし】地域の草刈り。生活にもどるために、冷たい水で野点。

こんにちは、神崎です。

 

千葉県生まれ、千葉県育ち、吉祥寺の大学に千葉から通い、大学を卒業してから東京の墨田区で2年半、シェアハウスで暮らしていました。

 

去年の8月から、はじめての田舎暮らし、かつ一人暮らしをしています。

 

夏。草が信じられない速度でグングン伸びていく。 

 

ので、地域で草刈りがありました。


f:id:kamkamkamyu:20190710165726j:image

 

朝の8時から、15人くらいで、ワサワサと草を刈って


f:id:kamkamkamyu:20190710165738j:image

 

若い人は、仕事で外に行ってしまって、あまりいないらしい。このへんだと、袋井、掛川、磐田、浜松まで車で30分、1時間くらいで出れるので、仕事には困らないんですね。


f:id:kamkamkamyu:20190710165747j:image

 

草刈り機で、山から伸びてきた竹もバッサバッサと。


f:id:kamkamkamyu:20190710165838j:image

 

きれいになりました。


f:id:kamkamkamyu:20190710165758j:image

 

いつもお手伝いができないので、お礼的な意味も込めて、冷たい水で抹茶を点てさせていただきました。


f:id:kamkamkamyu:20190710165817j:image

 

こんな感じで。


f:id:kamkamkamyu:20190710165851j:image

 

「抹茶ってかしこまってしまうけどこんなにかんたんにもできるんだね」

「つめたいのも美味しいんだね、苦味?があんまり無いっていうか」

 

はい。

 

抹茶と言うと、茶道のイメージがつよいので、「どうやって飲むんだろう」とか「けっこうでございます」とか言わなきゃいけないんでしょ。

 

と言われるんですが、もっと適当に人が集まった時に、たとえばこういう草刈りだと一息ついて生活にもどる時の区切りをつけるために飲むくらいのも、あっていいんじゃないかと思ってます。

 

ので、いろんなタイミングでこうして抹茶を点てています。

【料理】10分でつくる梅干しとシラスのオイルパスタ。

こんにちは、神崎です。

 

静岡県の森町という地域に住んでいます。夜、車を運転していたら、イタチ?的な動物が目の前を横切って、あやうく轢きそうになりました。

 

自宅の庭に車を止めて、車を出たら「ぶるぁ!!」という音が聞こえてビク!!!!としたら、茂みの方にゴソゴソなにかが動いていきまして、多分あれはイノシシでした。近くの畑も、イノシシがミミズを食べに来ると言っていました。

 

こえー。

 

ということで、お腹が空いたので夜食パスタをつくりました。(?)

 

材料は、水、塩、昆布出汁、パスタ一握り、梅干し、シラス、醤油、オリーブオイル。

 

お湯沸かします。デカイ鍋が中で麺を泳がすことができて便利です。


f:id:kamkamkamyu:20190710002900j:image

 

良質な水道水


f:id:kamkamkamyu:20190710002909j:image

 

沸かしている間に梅干しを。

これは紀州産の龍神梅。最近よく売ってるはちみつ入りのあまい梅干しではなく、田舎のおばあちゃんが漬けてるようなガッツリしょっぱい梅干しです。これが好きです。


f:id:kamkamkamyu:20190710002919j:image

 

2粒。


f:id:kamkamkamyu:20190710002927j:image

 

種を取り出して、叩いておきます。


f:id:kamkamkamyu:20190710002947j:image

 

お湯が沸騰したら


f:id:kamkamkamyu:20190710002938j:image

 

昆布出汁。パスタは茹でられる時に水を吸うので、昆布出汁を入れておくと、出汁を吸います。和風パスタには昆布出汁が合います。

ふつうのペペロンチーノなら、塩だけです。


f:id:kamkamkamyu:20190710002957j:image

 

健康に良いらしい塩。

この時点で、パスタの麺の味が決まるので、舐めてみてちょうどいいなというくらいまで塩を入れます。昆布出汁のおかげで、なんだか海の匂いがします。


f:id:kamkamkamyu:20190710003006j:image

 

パスタひとつかみ。


f:id:kamkamkamyu:20190710003014j:image

 

シラス。2パック入りで、198円。

今日のパスタ、ほぼシラスで原価の7割でしょ。


f:id:kamkamkamyu:20190710003029j:image

 

茹でるところの写真撮り忘れました。

時間をはかるのもいいですが、麺を一本取って味見すると確実です。

 

そして盛り付け。シラスと梅干しを乗せて。


f:id:kamkamkamyu:20190710003036j:image

 

オリーブオイルと、醤油をかけて完成です。


f:id:kamkamkamyu:20190710003044j:image

 

海苔を乗せても美味しいですね。

納豆も合いそう。

 

以上です。食べ終わるまで20分です。

【料理】生米から30分でつくるシャウエッセンと夏野菜のパエリア。

こんにちは、神崎です。

 

今日は夏野菜のパエリアを作ろうと思ったら、ズッキーニも売り切れだったし、パプリカも売り切れだったし、とりあえず天狗ナスという大きい品種のナスと、桃太郎トマトを手に入れて、夏の気分を取り戻した。

 

その他、タマネギ、シメジ、インゲン豆、ニンニク、そしてシャウエッセン。調味料でクレイジーソルトと、コンソメ、ブラックペッパー。自分は手抜きなので、サフランターメリックは外してます。入れたほうが美味しいのはわかってるんですが(香りがいいんですよね)まあ、ええやろと心の中の適当関西人が言うので。

米は食べたいだけ。


f:id:kamkamkamyu:20190709183839j:image

 

玉ねぎみじん切りにします


f:id:kamkamkamyu:20190709183903j:image

 

木のまな板ってなんか雰囲気いいですよね。


f:id:kamkamkamyu:20190709183921j:image

 

ガスコンロの火をつけるところも、一眼で撮るだけでこんなに、いいかんじになるんだ。


f:id:kamkamkamyu:20190709183933j:image

 

ニンニクを、たっぷりのオリーブオイルでキツネ色になるまで弱火で加熱します。

香りが出てきます


f:id:kamkamkamyu:20190709183944j:image

 

ちょっとカリカリになるくらいに。


f:id:kamkamkamyu:20190709183955j:image

 

玉ねぎ投入。

玉ねぎは水分が多くて焦げにくいのでそのまま放置して他の野菜を切ります。


f:id:kamkamkamyu:20190709184005j:image

 

インゲン。


f:id:kamkamkamyu:20190709184015j:image

 

シャウエッセンの薄切りと、しめじをフライパンに入れて、弱火で炒めておきます。弱火でやれば焦げないのでその間にナスとかも切っておきます。


f:id:kamkamkamyu:20190709184025j:image

 

米を炒めます。米は油を吸います。

魚介系のパエリアにする時は、米を炒める前に、エビやアサリを炒めて、トマトも炒めて、水も入れてスープをつくって、それを吸わせたほうが、米に味がしみて美味しくなります。


f:id:kamkamkamyu:20190709184035j:image

 

米が半透明になるくらいまで炒めるので、その間にトマトを。


f:id:kamkamkamyu:20190709184046j:image

 

入れます。

トマトは、水分が多いと青くさいですが、しっかり水分を飛ばすと、旨みがぎゅっとします。先ほどのみじん切り玉ねぎもそうですが、玉ねぎとトマトを十分に水分飛ばすと、カレーの要領ですが、うまみが濃縮されて美味しくなります。

f:id:kamkamkamyu:20190709184110j:image

水を米が浸るくらいまで。

ナスを載せて。沸騰させます。


f:id:kamkamkamyu:20190709184123j:image

 

弱火で15分くらい。


f:id:kamkamkamyu:20190709184133j:image

 

端の方をめくってみて焦げができてたらいい感じです。もっとお焦げが欲しいときは、後から中火くらいで、煙が出るくらいまで加熱します。


f:id:kamkamkamyu:20190709184143j:image

 

新宿ルミネの上の方にパエリア屋さんがあって、美味しいんですが、1200円くらいでこの1/3くらいの量しかなかったんですよ。

 

もちろん、普段買えないような、具材も乗ってて、小洒落た鉄のスキレットで出てきて、満足感はあるんですが。

 

そういうのを見て、パエリアってオシャレでちょっとお値段するんだなーって思ってたんですけど、自分で作ってみるとそうでもないというか、もともと、イタリアの猟師が山にうさぎ狩りに出た時に、適当な野菜と、捕まえたうさぎを使って、フライパン一つで作れる料理ということで発祥したとか読みまして

 

エビとかイカとかも、入ってたら美味しいですけど、漁師町のほうでの食べ方らしいですね。

 

ベーコンとか、ウインナーとかでも美味しいですし、なんなら肉がなくても野菜をいっぱい食べれておすすめです。

 

贅沢に具材使って、フライパンいっぱい作っても、400円くらいですね。二人で食べるなら余った野菜でスープも作ればいいと思います。

【ブログ文章について】文章を書くことは、心の中で絡まった毛糸玉をほぐすようなことかもしれない

 

こんにちは、神崎です。

 

最近、文章を少しずつ書いて、外に出すようになって分かったことがあります。

 

 


f:id:kamkamkamyu:20190709150410j:image

(写真は、都田という地域に遊びに行ったときに見つけた謎の妖精的なもの)

 

 

もともと自分は本や漫画を読むことが好きで、時間をつくって読んできました。どれだけの量を読んだら読書家なのかなんて議論はもう草も生えないほどの戦いが勃発するので控えますが。

 

ここ数年はTwitterのユーザーが増え、無料でこれだけのコンテンツを楽しめるなんて一生ヒマにならないなと思っていました。人の生活を覗き見るのは人間が人間である限り娯楽としてあり続けるんだと思います。

 

一度誰かのツイートで大喜利がはじまれば、それに乗じてネタをつくる人たちもいて、わたしは2ちゃんねるのときからROM専寄りなのであまり書き込まないのですが。

 

今日だと、音楽の著作物についての著作権料を徴収するために、JASRACのスパイが紛れ込んでいたらというお題的な、一種社会的な共有認知に対して、こんなJASRACのスパイだったらいい、とか、こんなJASRACのスパイは嫌だとか、140文字で、映画好きや小説好きを共感させるようなネタがばんばん流れてました。

 

 

なんの話だっけ。

 

そう、こんなに、言葉の使い方が上手な人たちを日常的に見ていると、自分もなんだか文章が上手な気がしてくるんですが、実際に書こうとしてみると、そうでもない。

 

おもしろい文章も、そうでない文章もいろいろ読んでいるのに、自分が書くのは別なんだなと当たり前のことに気づくわけです。

 

それでも、自分が本来書きたいことと、今書けることのギャップに落ち込みながらも書いていると、今まで気づかなかった心のモヤモヤというか、灰色のドロッとした塊のようなものがすこしずつなくなっているような感覚があって「あ、今、心に溜まっていた言葉のヘドロを外に排出してるんだな」みたいな。

 

ヘドロを読ませてすみませんというところではあるんですが、けっして汚いものでは別になくて、これはただのイメージで、別のものに例えるなら、何十本もの糸がもじゃもじゃに絡まった毛糸玉をほぐしていくような、そんなかんじでもあります。

 

今までの、言いたかったけど言わなかったことが、自分の中で絡まっていて、それがすこしずつスッキリしていくような感覚。

 

友人にブログを読んでもらうと「楽しさは伝わってくる」とか「伊勢に行ってみたくなった」と感想をもらうんですが「自分はこれで何を伝えたいんだ?」と思うととくに伝えたいことが今はないような、微妙な心境で、まあ、それでも書いてるうちになにか見えてくるんだろうか、と続けてみるようにします。

 

 

【料理】生米から25分でつくる簡単雑炊。あと、『あやしや』を読んだ。

こんにちは、神崎です

 

夜ご飯なんですが、昼寝をしてしまって、なにか考える余裕もないし、ひとりだから適当でいいかーという日の雑炊です。

 

無印良品で買った土鍋。

洗った一合の白米と、4倍くらいの水。


f:id:kamkamkamyu:20190708225215j:image

 

シメジ


f:id:kamkamkamyu:20190708225225j:image

 

カツオ節


f:id:kamkamkamyu:20190708225240j:image

 

煮干し。手で細かくちぎって。


f:id:kamkamkamyu:20190708225250j:image

 

塩。なんだか健康に良いらしい特別な塩。


f:id:kamkamkamyu:20190708225259j:image

 

昆布。このあとハサミで細かく切りました。


f:id:kamkamkamyu:20190708225307j:image

 

火にかけて、沸騰したら弱火で20分くらい。


f:id:kamkamkamyu:20190708225316j:image

 

5分くらい蒸らしてできあがり。

途中で混ぜました。

 

顆粒の味の素とかでもぜんぜん美味しいと思うんですが、素材の出汁を取ると、いろんな味がして美味しいですよね。

特に、カツオ節や煮干しのイノシン酸と、昆布のグルタミン酸と、キノコのグアニル酸がそれぞれ含まれていると、旨味が爆発するんですよね。

簡単だけど贅沢感があります。

卵を入れようと思ってたけど、忘れてました。


f:id:kamkamkamyu:20190708225324j:image

 

『あやしや』という漫画を読みました。

 


f:id:kamkamkamyu:20190708233452j:image

 

京都か江戸のような街が舞台の、鬼と鬼を退治する陰陽師のような警察的存在「鬼導隊」がある世界観。

 

母親と従業員を「顔の無い鬼」に皆殺しにされて謎の鬼「だまり」に取り憑かれた12歳の呉服屋の男の子「仁」。

従業員と死ぬ間際に交わした「店を元通りにする」という約束を果たすため「顔の無い鬼」を退治するためにだまりとの共生生活をして、鬼導隊や、鬼や、鬼神との出会いを重ねて様々な苦難を乗り越えていく物語。

 

登場人物がみんな魅力的です。

 


f:id:kamkamkamyu:20190708234049j:image

人、鬼導隊、鬼神、鬼、それぞれが大事にするもの、信じるものはけっして同じではない。立場が違う。利害関係がある。組織や属性に対しての敵対意識がある。のにもかかわらず、特に仁が、「あいつは鬼だから」とか「あいつは鬼導隊だから」という偏見を持たずに、一人の人間と一人の鬼として対等に接する姿勢が真摯で、さすが呉服屋の若旦那としての振る舞いをすでに身に着けようとしているところとか。

 

日常シーンの楽しげなコメディと、戦闘シーンの血しぶき上がるグロテスクなシーンと、トラウマをえぐるようなシリアスなシーン。


f:id:kamkamkamyu:20190708234802j:image

 


f:id:kamkamkamyu:20190708234811j:image

 


f:id:kamkamkamyu:20190708234954j:image

 

バランスがよくてすごい惹き込まれる。感情移入してたまに泣きました。

 

これは読んだ人にしかわからないところなんですが、最終の伏線回収のところで、「佐吉」が「鬼の魂と、それに取り憑かれた不幸少年、影の鬼導師の一族の生き残り、素質十分な鬼導隊の見習い、鬼神の娘がひとつ屋根の下で平凡に暮らしてるんだもんなあ。俺らの遠い先祖が夢見てなしえなかった理想郷だ」という場面があり、すべての登場人物が、それぞれの悲しみを受け止め、気づかい合い、「楽しい」と言える日常を日々つくっていくことが、当たり前でないということを気づかせてくれるシーンがあります。

これがほんとに泣けます。

 

今なら(2019年7月19日まで)マンガワンというアプリで読めるのでぜひ読んでほしいです。

【日記】7月6日、鳥羽から森町、車中泊、もりかけ庵の蕎麦、半夏生。

こんにちは、神崎です

 

鳥羽から、森町に帰ってきました。

今は、静岡県の森町という地域で、地域おこし協力隊としても活動しています。

 

7月6日に、半夏生という植物のライトアップ準備があったので、夜中に鳥羽を出て、車中泊して帰ってきました。


f:id:kamkamkamyu:20190708115255j:image

 

車中泊の様子です。ヨガマットを敷いて、寝袋を置いて、毛布で枕をつくっています。

 


f:id:kamkamkamyu:20190708115323j:image

 

車中泊のコツは、座席のデコボコを埋めることらしいです。人間は平らなところでないと安眠できないのだと、なにかで読みました。


f:id:kamkamkamyu:20190708115340j:image

 

朝は、遠州森町のパーキングエリアのもりかけ庵で蕎麦を食べました。


f:id:kamkamkamyu:20190708115417j:image

 

朝打ち立ての蕎麦はすこしもっちりとした歯ごたえもあり、胃にやさしそうな出汁の香りと、ネギの香りがふわりと鼻腔をくすぐります。自然薯とうずらの卵も栄養があって嬉しいです。


f:id:kamkamkamyu:20190708115440j:image

 

森町の方のブログでも紹介しているのですが、半夏生のライトアップは2019年からの試みということです。

蝋燭に火をつけて、斜めに切った竹でランプにしています。
f:id:kamkamkamyu:20190708115602j:image

 

半夏生という植物です


f:id:kamkamkamyu:20190708115621j:image

 

田舎道をこうして照らしているとすごく風情がありますよね。好きです。


f:id:kamkamkamyu:20190708115653j:image

 

あじさいもきれい。


f:id:kamkamkamyu:20190708115729j:image

 

闇夜に妖しく佇む半夏生


f:id:kamkamkamyu:20190708115753j:image

 

群生地なので、あたり一面がこの様子です。
f:id:kamkamkamyu:20190708115810j:image

 

なんなんだろう、これは、とりあえず日記でした。

 

将来的にはキャンビングカーを茶室に改造して旅をしたりもしてみたいと思ったりしています