茶筅について。道具の違いとその影響への考察。

2年くらい前に、人に話すために書いた文章です。

教授に見せようと思って、だ、である調で書いたのですが、見せずにお蔵入りしました。

 

しまっておくよりは読んでもらって、また書く機会があれば書き直したいと思ったので、読んでください。できたら質問もください。そして愛してください。

 


f:id:kamkamkamyu:20190426185520j:image

 

道家・茶人が使う道具の一つに「茶筅(ちゃせん)」がある。わたしが右手でつまむようにして持ち、茶碗の中で抹茶をかき混ぜるために使っている道具である。


茶筅は竹でできている。竹の節の部分を利用して、繊維に沿って細く割り、黒い麻の紐で内側の穂と外側の穂に分割して作ったものだ。

 

日本では現在、抹茶を点てる時に使用される。茶道では抹茶で濃茶と薄茶の2種類を作るが、濃茶用の茶筅は一本一本の穂が太く、薄茶用の茶筅は一本一本の穂が細い。

 

濃茶は粘り気がありトロッとしていて、薄茶は泡がよく立つ。

茶筅は流派によって、素材となる竹の太さや色、穂の曲げ方が異なる。

使用する人によって、穂の数の好みが変わる。

 

 

元々、茶筅は中国でできたものである。

鉄製の鍋の焦げ付きを落とす時に竹を割ってタワシ的に使っていた道具が由来とされる。

 

粉末状にした茶をかき混ぜる際に使ったことで、茶の道具として利用されるようになった。

 

当時は現在使われているような繊細なものではなく、単純に竹の先を割って作った、櫛のようなものだったそうだ。

 

 

中国では釜炒り製法の緑茶や烏龍茶が製造されるようになってから点茶法(粉末状にした茶をかき混ぜて飲む方法)は失われてしまったようである。

 

日本には、西暦1000年から1200年頃の間、中世の頃に中国の宋から点茶法が伝えられたと推察される。

それ以降、1600年頃に千利休がわび茶を大成し、千利休の子孫及び弟子によって茶道という形で日本には点茶法が伝わっている。

 

現在、日本で作られる茶筅の90%以上は奈良県の生駒でのみ作られる。

 


……
………

 

茶筅で抹茶を点てなければいけないのですか?と聞かれたことがある。


「そんなことはないと思います」と答えた。

茶道の点前を習い、稽古をする目的なら、茶筅を使うべきであるが、日常的に飲用するためであれば、必ずしも茶筅を使用すべきだとは思わない。

 

知人の台湾人はマグカップに抹茶を入れて、熱湯を注ぎ、箸でかき混ぜて飲んでいた。水の入ったペットボトルに抹茶を入れて、振って飲む人もいる。わたしもたまにそうする。

 

しかし、以前わたしは実験的な茶会をしたことがある。

 

カクテルのシェイカーと、電動の泡立て器と、茶筅の3種類で作った抹茶の味はどれほど変わるのかという実験だった。

 

オーストラリア人の女性、タイ人の女性、日本人の女性の3人に飲んでもらった。

茶筅を使った抹茶が一番美味しいと3人が言った。

 

茶筅を使うと、抹茶をお湯によく溶かすことができる。

 

バーテンダーの知人に聞いたことがあるが、カクテルのシェイカーはお酒とお酒を混ぜているというよりも、氷と一緒に攪拌することで温度を下げて適温にしているらしい。

 

泡立て器は空気を入れて泡を立てるための道具である。目的が違う。

 

茶筅も、穂の数が違うと、空気の入り方に影響がある。80本立てよりも120本立ての方がきめ細かい泡ができる。

きめ細かい泡は口当たりをまろやかにする。生ビールの泡のようである。

 

しかし、混ざり方においては80本立てでも構わない。むしろ120本立てでは泡がよく立つゆえによく混ざったと勘違いしてしまう。

 

しかし、抹茶において泡がふわふわになるということは、分かりやすく、楽しいことである。

 

初心者であれば「泡が立ちません」という人もいる。それほどに、泡が立つかどうかが抹茶を立てる技量であると思われている。

 

泡を立てたいなら日本産の竹を使った高山茶筅の120本立てを使うべきである。

しなやかで力強い竹と、繊細な技術で作り上げた120本の穂が、ホイップクリームのような泡を作り出してくれる。

 

 

中国や韓国の竹を使った茶筅は、繊維が硬い。弾力性に欠けるので泡が立ちづらい。

初心者が扱うとほとんど泡が立たないことさえある。

 

 

ちなみに、そう言いながらわたしは自分で飲むときは最近、特別樹脂の茶筅を好んで使っている。

洗うのが簡単で、竹と違って消耗しないので、持ち運びにも便利である。少しコツが必要だが、十分美味しく立てることができる。

 

 

抹茶を飲むときは、時と場合や目的に応じて飲むのが一番よいと思う。

お金をつかって購入できる幸福の総量を増やすより、日々の幸福に敏感になって生きていきたい。

神崎です。

このまえ、こんなツイートをしました。

 

自分個人にとって、お金を稼ぐというのはどういう意味があるんだろうということをよく考えるのですが最低限度の生活ができるくらい、すくなくとも家で寝起きする生活ができて、三食たべられるくらいのお金があって、あとはなにを望むのだろうかと、自分の中での問いに答える期間を設けていました。

 

大学を卒業したあとの2年近くの間、金銭的にはかなり貧乏生活をしていまして、バイト代をお金ではなくて食事でもらうとか、お茶の葉っぱでもらうとかしていました。

家賃が払えるくらいは稼いで、自炊で食いつめたり、人のお手伝いをしてご飯をごちそうしてもらったり、茶をたててご飯をもらったり、食事さえ何とかなればなんとか生きてはいけるなと、ギリギリのギリギリで、人におすすめなんか絶対にできない生活ですけども、そんな時期に、じゃあお金があったらなにに使うんだと考えていました。

ほんとうなら「大学に通っていたなら大学生の間にやれよ」と思うようなモラトリアムだと思うわけですが、卒業して、みんなが就職して働いてる間にそういうことをしていました。

 

一応、大学4年生の時に就職活動はして、内定を何社か頂いていたので、ありえた世界線としては「固定で月収をもらいながら、日々を労働に費やして、余暇を娯楽につかう」という生活も存在することを頭の片隅に置きながら「茶人」という誰にも正解がわからない生き方をやっていました。

 

これは決して「社畜になりたくない」というような攻撃的な考え方ではなく、自分の人生を振り返り、学生時代にインターンシップもしてみた結果、日常的に固定的な人たちと接するコミュニティに長期的に存在することが壊滅的にダメという自己分析の結果で考えた自分なりの生存戦略だったようです。ダメというのは嫌だという感情的な理由ではなく、周りに迷惑をかけてしまうという意味でのダメです。

 

世間的な意味での理想的な暮らし、人からうらやましがられるようなライフスタイルをするためのコストはかなり高いと思うんです。新しい服を頻繁に買ったり、新作のスイーツを食べたり、新しくできたお店に行ったり、いろんな人と飲み会に行ったり。つまり消費的な娯楽。

 

隠居とまではいかなくても、家の近くの川沿いや町を散歩したり、友人と歩いて銭湯に行ったり、文章をかいてみたり、図書館で借りた本を読んだり、ネットがあるならyoutubeだって無料で見れるし、プロから素人まで、色々な人が書いた色々なできごとや感情のうごきの話が無限にツイッタ―でもカクヨムでも読めるので、実は全然お金がかからない娯楽だってあるわけです。

 

娯楽という特別なカテゴリにわけなくても、料理だって季節によって変わる食材や、調理のしかたで変わる味をたのしむ事ができるし、気軽にたくさんの人とシェアする事ができる。

 

新しくどこかへ出かけて行って人と出会えばそれは物語のはじまりで、食事だって、一緒に道を歩くことだって、笑いあうことだって、なにもかもが特別で大切な思い出になる。

 

今は田舎に住んでいるので、東京に住んでいた時には出会わなかったような、名前の知らない花とか、草とか、鳥とかが色々あるし、スマホで調べればわかったり分からなかったりする。

 

人間が生まれてから、かつてないレベルで物と人と情報の行き来のコストが下がり、その恩恵をほとんどの人が受けられる現代の日本。もちろんそれだって恵まれているからのたまうことができる戯言ではありますが、恵まれていてもなお、もっともっとといろんななにかを求めているのが今の日本の社会のように思えます。

 

まだまだ、人間がもっと努力して世界中での不便さや不幸を解消していくべきだというひとつのあり方は尊重すべきでまったく否定などする気はないんですが、そういう社会的な方向性とはべつに、個人の幸福観としては足るを知るをやってもいいと言うか、足るを知るという言葉ができた時代に比べてはるかに、あふれるくらいに満ちてしまう時代なんじゃないかと、思ったりしました。

茶道に興味をもち始めた人におすすめしたい、小堀宗実著の『茶の湯の宇宙』

神崎です

本の整理と、少し要約をまとめて紹介にしようと思いました。

 

本好きの友人がいて、Twitter不定期に本の紹介をしているんですが「人が本の紹介してるのも好き」とのことで、ある意味では彼に向けてやることにしました。

 

最初は遠州流13世家元である小堀宗実氏の著書、『茶の湯の宇宙』です。

 


f:id:kamkamkamyu:20190404115609j:image

 

 

茶道を2〜3年やると、畳の歩き方や、静寂のなかに聞こえる鳥の声や、精神的なしずまりや、それまで感じなかった色々なことが分かってきたり、疑問として生まれてきたりしてきます。

 

そんな、茶道として、茶室世界においてのできごとを、家元ならではのエピソードを織り交ぜながら、やさしい語り口で話しかけてくれるのがこの本です。

 

茶道を未経験で読んでも、そういう世界観なのかーと思えますし、経験者でも、そうだよなーとか、あ、なるほどなーとか思えますし、いい本です。

 

網羅的に知りたいとか、深くまで知りたいというニーズには答えられませんが、おだやかな海の浜辺で水遊びをするようなきもちで、かろやかに気楽に、茶道に触れることができます。

 

実際、わたしもこの本を購入したのは、茶道をはじめて1年目のときでした。

 

茶道を習うというのは、けっこう先生によって色んな向き合い方があり、厳しい先生にあたる人もいるみたいですが、この『茶の湯の宇宙』を読んでおくと、お茶ってこんなに気軽にとらえてもいいのか!となるのでオススメですね。

イチローでさえも嫌われる。嫌われない努力より、自分をどこかへ連れていく努力をしよう。

 

神崎です

 

この前、こんなことをツイートしました。

 

 

注釈は必要ないくらいに簡単な、まるで小学生の算数のような事実なんですが、単純に10人関わる人がいて、10人全員が自分のことを好きなわけではなく、3人くらいが自分のことを好きになってくれて、5人くらいはとくになんともなく、2人からは嫌われてる。みたいなことばかりですね。

 

わたしはイチローがどちらかと言うと好きで、気がついたときにはもうシアトルマリナーズイチローで、朝のニュースでは毎日イチローの安打数を聞いて育ちました。

 

日本人野手で初めてのメジャーリーガー。たいして役に立つわけがないとアメリカの野球ファンやジャーナリストに批判されていた中、初年度から大活躍で、オールスターにも選ばれ、200本安打も打ち、年度末には新人王、盗塁王、MVP、ゴールデングラブ賞首位打者などタイトルを総なめでした。

 

当時、かっこよくてしかたがなくて、小学生だった自分は毎日友達とキャッチボールをしました。レーザービームとか言いながらヘロヘロの球を投げてました。

 

そんなイチローが引退するなんて、夢を見ているかのような出来事がつい先日あったわけですが、報道陣からの質問に対して、真摯に考えながら答えるイチローの姿は、それでも輝いていました。 

 

昨日の自分の限界よりも少し頑張る日々の中で、世界中の人に夢を見せられるイチローは時代が時代なら神社がつくられてもなんら不思議ではないとさえ思います。

 

そんなイチローですが、オフィス北野の芸人であるダンカン氏がブログで、「なんだこのシラケ」と言って、ネットニュースで話題になってました。


f:id:kamkamkamyu:20190331111942j:image

 

ビートたけしのモノマネをする人が「ダンカンこのやろー」と言ってる人ということでしか知らないのは私だけかもしれませんが、そんなダンカン氏は、引退試合を茶番だな、と思ったそうです。

 

ダンカン氏に限らず、世の中には「イチローのあのえらそうな態度が気に食わない」とか「イチローが凡退するさまを見るのが喜び」とかそういう人もいるんでしょう。

 

イチローですらも、日本人の英雄的存在にやってなお、1億2000万人全員には好かれないということですね。

 

我が身を振り返ってみると、「嫌われたくないなー」と思うばかりに、言うべきことが言えなかったり、嫌われてる人からどうしたら好かれるのか考えてしまうことがありますが、「嫌われる人からはどうしても嫌われる」と割り切って、自分のやることをやっていくのが自分の人生にとってはよいということを教えてくれます。

 

余談

 

髪を切りました。春なので。

 

地域おこし協力隊として、地域活性化のために抹茶を点てる

神崎です。

 

地域おこし協力隊ということで、やっているんですが、お茶会をすることで地域の活性化に貢献するということができるようです。

 



f:id:kamkamkamyu:20190330193110j:image

 


茶道のお茶会は「気軽でいいのよ」と先生は言ってくださるものの、敷居が高くて参加しづらいとか、緊張で味がわからないということがあり、あまりいい思い出がないという話を、私のお茶を飲んだかたは、してくれます。

 

 


f:id:kamkamkamyu:20190330193138j:image

 


わたしは25歳で、よくもわるくも先生としては見えないと言いますか、緊張させずに気軽に、という点で言えば、かなり気軽に感じてもらえるようで、これは自分にとってはとても嬉しいことです。

 

作法も、聞かれればお教えするんですが、基本的なスタンスとしては、そのまま飲んでいいですよ〜と言っています。

 

抹茶も、お菓子といっしょに飲みたいならそれもいいんですよ〜と言っています。

 

抹茶を飲む=茶道ではないので、お菓子とお抹茶を楽しむ時間くらいの考え方でいいんじゃないかと思うからです。

 

人は、興味があることは自分から聞くので、聞かれもしないことをこちらから教えてあげるというのもおこがましいなと思っています。

 

「なんかほっとするなあ」とか、「いい経験になったなあ」と言ってもらえることが嬉しいですし、それでわたしとしては良いと思います。

 

作法をもっと知りたければ、教室の体験に行ってみたら良いと思っているからです。

 

「順番を待ってる人にお先にと声をかけてあげると次の人が安心します」

とか

「お茶碗には顔があるので、よけて飲むんですよ。それでお茶碗をまわすんですけど、流派によってまわす回数とか変わります」

とか

「たいへんけっこうなお点前でした。と言ってくれると、わたしとしては喜んでくれたんだなと思って嬉しくなります」

などと言っています。

 

体感ですが、人類の90%以上は、抹茶を飲んだことがないような感触があります。

私自身大学生になるまで飲んだことがなかったので、そういうものだと思いますが、飲まなければ抹茶の生産もきびしくなってしまうので、なるべく、抹茶を飲む人、好きな人が増えるといいなあとは思っています。

 

お茶会というのは、人の集まりのひとつのかたちだと思うので、お茶を飲むことでポジティブになれるという場をもっとたくさんつくっていきたいという気持ちです。

 

抹茶に含まれるサポニンという成分のお影で泡がフワフワになる。

 

抹茶がなぜ泡立つのか?という疑問も、なんとなく抹茶を知ったつもりでいると不思議とも思わないもので、茶道をはじめてから、4年くらいして「抹茶ってそういえば何で泡立つんだ」と調べたことがあります。


f:id:kamkamkamyu:20190330011157j:image

 

先日、友人が遊びに来たときに質問されたことで、新鮮な気持ちになりました。

 

 

サポニンという名称は「シャボン(泡)」かが由来だそうで、界面活性剤としての役割があるんですね。

界面活性剤としての役割があるんですね、といっては見たものの、実はよくわかってないところがあるんですが、このサポニンという成分のおかげで、抹茶とお湯が混ざりあい、トロッとした口あたりになったり、泡がフワフワになっておいしくなるということになります。

 

飲み物を、飲み物じゃないのでたとえちゃいけないんですけど、味としてシャボン液の味がするっていうのは、成分としては間違ってないようですね。

けっこう舌が敏感というか、石鹸水の味なんて覚えないような気もしますが、そういうところからの発見もまた面白いと思いました。

 

飲物じゃない例えついでで、抹茶を点てる時、髭剃りの泡を理髪店のおじさんが豚毛の泡立て器でしゃかしゃか泡立てているイメージで抹茶をたてると、フワフワにできやすいですね。

小学生の男子が抹茶を飲んだ結果と、店と客のやり取りに思いを馳せた話。

 

鳥羽のホテルで毎月抹茶を点てているのですが、そこでの出会いはまさに一期一会で、連絡先を交換して頂くかたもいるのですが、住んでいるところが遠いと、なかなかもう一度会いましょうということにはならないものですね。

 

小学2年生の男の子が抹茶を飲んだ結果

 

以前のツイートなんですが、こんな出来事がありました。

 

 

 

 

 

大阪から、鳥羽に旅行に来た家族で、この男の子がいちばんお抹茶をおいしく感じてくれたようで、嬉しさを言葉と、笑顔で力いっぱいに伝えてきてくれて、本当に涙が出ました。

 

大人とか子どもとか、関係はないのですが、どうしても大人は「お抹茶を飲むときは静かにしなきゃ」「たいへん結構ですって言うんでしたっけ」というかんじになるので、なんとなく自分としても感情が落ち着いてきてしまったと思っていた時期でした。

 

誰かにご飯をつくってあげるときもそうですが、「おいしい!この味好き!」と言ってもらえると、またつくろうと思えるように、抹茶もそういうもので、自分が商業的なサービスとしてお茶をやるのを避けがちなのは、コミュニケーションの部分が薄まってしまうからなんだと、気づきがあったのが最近のことです。

 

好きなことを仕事にする時の嫌なこと

抹茶を点てることを仕事にしていますと言うと「好きなことを仕事にしてていいねえ」と言われます。

もちろん、自分で選んでやっているので、よくないわけではないのですが、すべてのことでそうなように、楽しさとめんどくささや、好きと嫌いは同居しているものです。

 

単なる抹茶サービスの提供が好きなのではなく、そこで起こる感情の交流が好きです。

 

目の前に座った人が、まるでコーヒーメーカーのボタンを押すかのように「抹茶ひとつ」と言って、そっぽを向いているような、ドリンクとしてお茶を飲むのであれば、それをするのは自分でなくともいいな、と思ってしまいます。

 

おいしかったと伝える事ことのよさと、サービスの授受の非人間化

だから、というわけでもないですが、わたしは作った人の顔が見える距離感の飲食店に行ったときには、たとえばラーメン屋とか、町のおじさんがやっている居酒屋とかですが、「おいしかったよ」と声をかけるようにしています。

 

単純に自分が気持ちいいだけですが、こういうやりとりは、最近むずかしい時代になっているような気もします。

 

お金を払ってサービスを受けるというありかたの中に、人と人がやり取りをしている感覚が減って来ているような気がします。

 

じゃりン子チエとか、こち亀とかの漫画が好きで、子供の頃からよく読んでいたのですが、客と店主が曖昧な関係というか、チエちゃんも両津も、店番や交番の留守番をお客さんにやらせたりしています。

 

きっちり線引きがされているのが今という時代なのかなという気持ちです。