自分好みの味の煎茶をいれる方法。

質問をいただきました。
ありがとうございます。


美味しい煎茶の色の目安はどのくらいの色ですか?

ちょっと難しい質問でした。。

というのは、

煎茶の美味しさは色ではかるというものではないからです。

勝手に質問を変えて

煎茶を自分好みの味に入れる方法

なら、教えることはできるかなと思います。

ということで

今はどんな淹れ方をしているのか。

今回は急須のようでした。

陶器の250〜300ccの急須
茶葉は湯のみ3杯でスプーン1杯


たぶん、湯のみ1杯が100ccで
スプーン1杯で5gくらい入れてるのかな。

基準になる淹れ方

日本の普通蒸し煎茶を淹れるにあたって、基準となる、茶葉の量湯の量湯の温度抽出時間があります。

これを覚えておけば、濃かったり薄かったり、バラツキのある淹れ方にはならずにすみます。



250ml〜300mlの急須に対して

茶葉は
一人分なら3g、二人分なら5g、三人分なら7gで良いのではないでしょうか。

それより多ければ濃いめ、少なければ薄めの認識で。


お湯の量は
まだ茶葉を入れない状態で、ポットから急須に注いだお湯を、一度湯のみにいれてください。
湯のみ3杯分をはかることができます。


お湯の温度ですが
けっこう大事です。
ポットから急須に注ぎ、湯のみに入れることで、急須と湯飲みを温めつつ、お湯の温度を下げることができます。

これでだいたい80度くらいになるはずです。

温度が高ければ苦渋味が出やすくて
温度が低ければ苦渋味が出づらいと考えてokです。


時間
できるだけタイマーで測ってください。

90秒を目安で良いと思います。

深蒸しで茶葉が細かければもっと短く
浅蒸しならもっと長く、
とか、茶葉の開き具合によりますが、
最初は90秒を基準に。

茶葉の量

一人分の目安ですが、3g〜6gでお好みで調節するといいと思います。

カフェイン少なめが良いとか
濃いめでギュッと飲みたいとか

お湯の量

80mlから120mlの間で調節するのがおすすめ。

茶葉がお湯を吸うので、お湯はへります。

分かりづらければ、カップか湯のみに先にお湯を入れて、飲みたいぶんだけ取って急須に注ぐとまちがいないです。

お湯の温度

カフェインやカテキンがどれだけお湯に溶け出すかが、苦み渋みに関わってきます。

温度が低いほど、カフェインやカテキンは溶けにくいので、とろっと甘めのお茶になります。

温度が高いとキリッと苦めのお茶になります。

玉露かぶせ茶、高級煎茶は、温度低めでいれたほうが、特徴が引き出せます。

時間

60秒から120秒の間で。

お茶によって、出かたが変わるので、いれながら、試してみてください。

簡単にいうと、
短ければ、さっぱり薄め
長ければ、ギュッと濃いめ
です。

色について

色でいれたお茶の味を見定めたいなら、このお茶で、このいれかたをした時、この色ならちょうどいいなあと思う色を見つけてみてください。

まとめ

茶葉によって、気候や気温によって、水が含んだカルシウムやマグネシウムによって、その時々の気分によって
茶の味や香りは変わります。

毎回同じ味のお茶をいれることは難しいですが、それも一期一会で楽しんでみるのが、気が楽です。


(産地によっても色や味は変わる)

余談

説明をビデオで撮って送ろうかと思ったらiPhoneの容量が足りなくて無理でした。

けっきょくビデオ通話で教えることにしました。

文章じゃ分かりづらいだろうなと思ったので。

LINEとかスカイプで簡単にビデオ通話ができて便利な時代ですね。

動画お茶教室とかできるのかな。


読者登録よろしくお願いします